ご存知ですか?高麗人参の種類について

Copyright (C)高麗人参の種類

 

 

 

 高麗人参の種類は加工方法や育つ場所によって分けられます。
高麗人参の種類によって、効能や特性が変わってくるので、きちんと確認したいものです。  

高麗人参は3つの種類があります。
これは加工方法によって呼び名が異なってきます。
ひとつは水参呼ばれ、生のままの高麗人参を指します。
これをそのまま服用することはあまりありません。
どちらかというと、加工に適しているのは乾燥させたものを指します。
これが2番目の白参です。
これは4年栽培した高麗人参の皮を向き、天日干しにしたものです。
皮付きのものもあります。
これらを使って調剤して漢方薬を作るケースが多くあります。
もっともよく購入されるのが3番目の紅参です。
これは水参を似たり蒸したりして乾燥させたものを指します。
皮ごと加工するので、高麗人参の健康成分であるサポニンが大量に含まれています。
それゆえ紅人参が高値で取引されています。

他には、日本で栽培された高麗人参をオタネニンジンとも呼んでおり、高麗人参の種類は多岐にわたっています。
また、栽培ものより天然ものの方が出回っている数が少ないため珍重されている傾向にあります。

高麗人参の乾燥させ、手を加えたものは非常に高値で出回っています。
韓国などで良く見かけるのではないでしょうか?
身体に良いものなので、大変人気です。